りんくLINKリンク

GIA は人材バンク?いろいろな顔を持った方がいます。「あの人、この人、どんな人?」といった角度から人物紹介をしていきます。さらにGIA の活動内容やお薦めの本の紹介コーナーなども設けます。会員の皆様、紹介したい方やアピールしたいことなどありましたら、是非投稿してください。
 2021年までのネットワーク




2023年5月


NZのデイビッド、また来日

 私のNZパパの親戚のデイビッド(呼称・NZ息子) が初めて我が家にホームステイした時は、まだ大学生 でした。小池市長表敬訪問の折、小野宏美さんには大 変お世話になりました。その後 2 年間、沼四小の英語 教師をし、GIAの行事へもよく参加しました。横浜 への異動後、もう 1 年教職に就き帰国。NZや日本で、 何度か再会していますが、今回はコロナ禍後、久々の 再会でした。写真をひもとくと 2017 年 12 月の来訪時、 三島散策で、実に多くの方々に会いました。
 そして今回の来訪日は事前に連絡がありましたが、「NZをいつ出発するの?」と聞いたら、「もう、韓国 に来ています」との返事。その後、関空から熊野古道
を歩き、飛騨高山に行き・・・そして三島。曇り気味の肌寒い 4 月のことでした。 半袖半ズボンで現れたデイビッドは いつもの穏やかな笑顔。身長は 193 ㎝ ほど。私は「大谷翔平くんくらい」と 紹介しています。現在、NZのオーク ランド大学にカウンセラーとして勤務。 ほとんどがリモートでできるので、ニュープリスの 自宅に在住。ただし、親からは独立し、別の家。 三島は、丁度市議選の車からの連呼が賑やかで、デ イビッドは「びっくりした」と言っていました。NZではどうなのか聞いたら、集会場で候補 者が考えを述べ、聴衆が聞いて判断する と言っていました。そういえば、NZは女性の参政権の推進に尽力したケイト・ シェパード(右写真)が、10 ドル紙幣に なっている国でした。2011 年、市NZ訪問団の自由時間に、庄司峯子さんとデイ ビッドと私の 3 人でオークランドを散策したことが懐 かしいです。
2023年4月 三島にて


2011年11月NZオ-クランド
                  三島市 (Y.K))
 
ガーデン作業に協力してくれたレディーさんに再会

  
 インドの ディーレイ・レディー さんは日本 のIT企業 に勤務して いた技術者 で、10 年ほど前に来日し、3 年間、三島の南町にある食堂の 2 階 に住んでいました。その頃は、奥さん(ウシャさん) と 2 歳の長女(アキシャラちゃん)との 3 人家族で、 滞在中は、沢地グロ-バルガーデンの作業に参加され、 一緒に汗を流してくれました。
 知り合ったきっかけは 2011 年 9 月の「グローバルサ ロン」で、ネパール人のネッツァブ・バシュガインさ んの講演が三島市民活動センターであり、そこでパソ コンのネット接続がうまくいかずに開演時間もせま り、あせっていたところ、参加していたレディーさん が、身につけた IT 技術で解決してくれたことからでし た。それ以後、レディーさんはよくガーデン作業に来てくれました。3 年間の滞在を終え、帰国することに なった時、ガーデン作業で知り合った会員の何人かが 招かれ、奥さんの手料理で、もてなしてくれました。 料理が趣味という奥さんの料理はさすがでした。
この間、10 年近く音信はなかったのですが、とつぜんレディーさんから「明日の夕方、三島に着くので会 えませんか」というメールが小松さんに入り、半信半 疑だったのですが、一緒に出かけてみました。間違い なく、約束の場所で会うことができ、スマホに保存さ れているたくさんの昔の写真を見ながら当時のことを 懐かしく思い出しました。今回の来日は会社の出張で、 期間は 4 月 21 日までだそうです。現在はインドのバン ガロールに住み、長男(アラナウちゃん)も誕生して
4 人家族となり、車 3 台の持ち主だということです。

                        三島市 (K.N)
 




2023年4月


「房総半島・荒磯料理&花摘み・研修バスツアー」写真と感想文

バス内の様子。西川勝美会長の挨拶。久里浜港で東京湾フェリー「しらはま丸」にバスで乗船し南房総の金谷港へ出港。船内風景。
 
「オーベルジュすなだ」で荒磯料理。料理がテーブルにのりきれないほどで宴会場と食堂に。アワビ、サザエ、郷土料理のなめろう… 

「道の駅おおつの里」で花の説明や金魚草の花摘み。「ソムリエハウス・酒匠の館」で清酒の説明。東京湾アクアライン「海ほたる」。
 

はじめての海ほたる なかなか存在が理解できなくて皆さんの知恵を頼りに楽しみに来 ました。帰りは西日を受けて、美しい海の景色の旅の終わりでした。   M.S



午前中はあいにくの雨でし たが、昼食は美味しい磯料理 を堪能しました。おおつの里 での花も美しく、お天気も午後は回復して楽しいバスツア ーでした。    M.S



花摘みのストックが、街で 買うより元気よく色がキレイ でした。海ほたるの景色が最高でした。  K.A



横須賀からフェリーが出ているのは知りま せんでした。楽しかったです。   K.N



旅は晴れると最高だが小雨もベター。昼食 の良さはベスト。金魚草は可憐だ。何はともかく打ち解けた皆さんとの旅が宝となった。楽 しい一日をありがとうございました。    I.T



会員の皆様と楽 しく行って参りま した。お世話様で した。    K.A



お昼の荒磯料理 が美味!   H.K



グローバルの旅行はいつも楽しみにしています。今回は花摘と酒蔵で私の行きたかった 所でした。(お酒は弟に送れます)。あいにくの天気でしたが、午後晴れてシーズンの桜もきれいでした。ランチも珍しく和食で思い出深い旅行になりました。幹事さんいつもあり がとうございます。    S.M



空模様があまりよろしくない早朝の出発で したが、道中所々に満開の桜が見られ、春の 訪れを感じるドライブでした。昼食は鮑の蒸 し焼きが付いた荒磯料理を堪能できました。 金魚草の花摘みは、一杯の花に囲まれた中で 一時を過ごし、幸せ気分を味わえて三本お土 産もいただきました。    S.K



初めての房総半島バスツア ー、桜満開の中、楽しかったで す!    E.S



申し分ございません。有難う御座居ました。 又よろしく。    E.K


担当してくださった皆様、ありがとうございました。お かげさまで楽しい一日を過ごすことが出来ました。一番う れしかったのは久しぶりにGIAのメンバーに会えたこと です。荒磯料理は盛り沢山でお腹いっぱいになり大満足で した。クーポンを使ってのお花のお買い物も嬉しかったで す。研修バスツアー、とても楽しみです。ぜひまたよろし くお願いします。ありがとうございました。    T.S



花の里とあって、ブーゲンビリアや金魚草などの花がとても 美しかったです。    I.M



毎回楽しいです。普通のバス旅行で連れて行ってくれないところに案内して くださってありがとうございます。桜が満開でバスの中から両サイドをきょろ きょろしながら花見をさせていただきました。またお昼にはどんな料理を食べ させてもらえるのかと楽しみにしていましたが、期待どおりで、がつがつ全部 食べてしまいました。あさましい!楽しい旅をありがとう。    S.T



山口さんにお誘いいただいて、初めて参加しました。旧知の方々に再 会して嬉しく、良い一日を過ごせま
した。また良い企画があれば参加したいと思います。本日はありがとう ございました。    M.O



千葉房総のバス旅は、お天気も快晴になり、GIAの皆さんの晴れ力がやはりありましたね。窓から見え
る海を見ながら、桜も愛でながら魚づくしをいただいて、友と語り楽し い時間でした。     S.T



楽しい一日をありがとうございま した。新鮮なお魚の食事はとてもおい しくいただきました。ガイドさんの説明もユーモアまじえて的確なお話で 聞き入りました。役員様方にも気配りをしていただきありがとうございま した。    T.T



久しぶり(何年ぶり??)にGIAの 面々と顔を合わせ懐かしく楽しい一日を 過ごすことが出来ました。お昼の食事も美 味しく、おしゃべりにも花が咲き、その後 外に出て久しぶりに海風にあたり、清々し い気分になりました。お世話になりありが とうございました。    M.O



朝から雨でどうなる事かと思いましたが、 だんだん晴れてくれて良かったです。バスか ら見える風景も桜がとってもきれいでした。 東京湾アクアライン、海ほたるでの時間がも う少し欲しかったです。昼食もおかずがたく さんでおなかがいっぱいになりました。とっ ても楽しい一日でした。ありがとうございま した。    H.S



今回のコースは房総ということで期待し ました。その通りで、とてもよかったです。 花(金魚草)も見事に育ったもので、やはり プロの仕事は違うなぁ~と感心(感動)しま した。酒工場は酒が飲めない状態なので残念 でした。回復したらじっくりと味わいたいで す。   T.M


とっても楽しい旅 でした。いつも企画 してくださりありが とうございます。ラ ンチも豪華でとても 美味しかったです。   Y.Y



雨から曇り、そして、海ほたるに着いた時は晴れ!! 「オーベルジュすなだ」のアワビのバター焼きはとっても 美味しかったです! “酒匠の館”大吟 醸東魁盛はすっきりでフルーティー,美味しい!!とても楽しい一日をあり がとうございました。    T.K



コースがとてもよく、非常に楽しかった。次回も参加します。    O.T



桜咲き 海山里と バス旅で 笑い 語り 心満ちたり     S.M



今日はありがとうございました。 フェリーとアクアラインで東京湾往 復は初体験でした。    Y.S



楽しく一日過ごすことができ ました。民宿のご飯はどれを食べ てもおいしかったです。事務局の 方、いろいろありがとうございま した。    H.K



いつものガイドさんとドライ バーさんで、安心して旅行できま した。アワビも柔らかくおいしか ったです。    M.I



やっぱり、さすが、名ドライバー と名ガイドさん!新鮮でおいしい 荒磯料理で満足感謝感激の旅。貴重 な研修の旅でした!また企画しましょう!ガイドさんの南総里見八犬伝のお話から原酒「八犬伝」を購入。幼少期に通った沼四小の学級名は、孝組・友組・信組・義組。伏姫所縁の字に重なることで八犬伝が 身近でした。    Y.K



美味しい昼食や綺麗なお花を堪 能した一日でした。初めて通った アクアラインも印象的でした。皆 さんとのおしゃべりも楽しかった です。    M.M



雨のスタートで不安だった天候も徐々に回復し、海ほたるでは最高の景色が目の前に広がりました。桜も満開、笑顔もこぼれる GIA会員の和気あいあいとしたバス旅、とても楽しい一日でした。    T.U



幹事の皆さま、バスの運転手にガイドさ んおつかれさまでした。荒磯料理が量味と もに美味しくいただけました。民宿の方々 が親切でよかった。天候もまずまずでした。 ありがとうございました。   K.S




2023年3月






2023年2月



孫娘が成人の日に代表で


 GIAの行事にも参加して皆さんに可愛がっていただいた孫娘・南都(なつ)が、昨年、成人式を迎え、着付けは私がしました。「1日着ていても、帯はちっとも苦しくなくて、気持ちがいい」と褒められました。
 それだけでも嬉しいのに、沼津市の新成人議会に参加し、『市議会だより』にも掲載されました。南都は、私の自慢の孫の1人なのです。
 
 


 「沢地グロ-バルガーデン」いろいろな思い
 
 
 まふゆでも わらいごえきく らくえんは さわじのさと の はなぞの ていれ
 毎回楽しくゆかいに参加させていただいております。楽しい 時は過ぎるのが早く春夏秋冬か、ひとときか?(武井 功)

 GIAの活動の中で、ガーデン作業が毎月楽しみです。作 業終了後、皆様のお話を聞いて、お茶をいただきながら、本 当に「楽しいひととき」です。 (佐藤晴代)
 
 沢地グローバルガーデン作業は、私にとって楽しい作業で す。なんと言っても、お茶の時間と、おしゃべりが楽しいです。 話題の中から、いろいろな知識を得られます。いつまでも続け たいです。 (真野正子)
 
 沢地グローバルガーデンの花づくりの初期には、いろいろ ありました。西洋桜草に取り組んだ頃です。家で育てた苗を 北中やあちこちに配達したことを思い出します。また、ボラ ンティア活動が高校の内申書に記載されるということで、当 時勤務していた錦田中の生徒に参加を呼び掛けたり、ALT でNZのニュープリマスから来ていたドムニー夫妻との交 流も始まり、15~16 名の中学生の参加もありました。
 最近は、春にノースポールの苗を植栽するなどしていま す。いつまでも続けていきたいです。 (水野敏雄) 
 日頃は、指の痛みのため、ガーデン作業にはあまり参加で きません。私の担当に時に参加すると、きれいな花々に出会 い、ワクワク感に満たされます。これは、ガーデン作業をされている人たちのタマモノで、心が安らぎます。皆様、ありがとうございます。(山口克子)
 
 月 1 回のガーデン作業ですが、球根の植え付けあり、種蒔きあり、参加してくれた人たちの食べながらのオシャベリありで、楽しい半日になります。それを味わいに、毎月出 かけています。 (西川勝美)
 
 沢地グローバルガーデンとの関わりは長く、思い出はたくさ んあります、最初の頃、沢地に住んでいた孫は今、北海道の航 空整備の大学に行っています。年の経つ早さを改めて感じ、自 分自身の老いを感じます。
 でも、GIAの面々は、いつも明るくエネルギッシュなので、 参加することで元気をもらえます。 (乙部美麻子) 
  いろいろな方との 出会いの場であり、作業だけでなく 良い社交場でもあります。おかげさまで、いろいろな方と知 り合えました。楽しい社交を楽しんでいます。 (水野幾子)
  ガーデン作業に参加して、楽しい時間を頂いています。花 がいっぱい咲いて、緑が美しく、楽しみなガーデンです。こ れからも、どうぞよろしくお願い致します。 (橋本せつ子)
 ガーデンの「草花・生き物図鑑」に、「出会った人物図鑑」 も加えたくなるくらいです。感謝、どっさり! (小松幸子) 
 




2023年1月



毎朝 ティースプーンイチ

 「あら〜!乗れちゃったわ」
昨年 9 月初旬、2 年 8 ヶ月ぶりにJR を利用した。八王子駅改札を入って階 段を数段降りた所で上り電車が入線し て来た。途端に周りの人達が一斉に急 ぎ駆け下りだした。私もつられて階段 をトントントンと駆け下った。特別急 いでいたわけでも無いのに周りの人達 につられてしまった私。「階段を駆け下りた私…?電車 に間に合ってしまった私…?」信じられない!
 前年、左膝が痛くて、膝のズレを治す運動をしつつ も階段の上り下りに難儀していた。次第に左太腿に力 が入らなくなり、階段を上がる時は手摺りにつかまり 両手に力を入れて上がり、下る時は継ぎ足。
 そんな時、友人からのメールを受信。同級生数人と 食事会をしたとのこと。
 『友人の一人、某大手製薬会社研究室長を退職され た方が、退職後に始めた農業を頑張り過ぎて腰痛にな ってしまった。その方が「腰痛にはサプリメントより もゼラチンを飲むのが良いんだよ!」とおっしゃって いました。そこで肩痛の友人は毎朝、コーヒーにスプ ーン一杯のゼラチンを入れて飲んでいます。飲み物で もご飯炊く時入れてもいいみたい』
 このメールを読んで早速、私も製菓材料店へ行き、ゼラチン 500g 入り袋を購入した。腰痛の夫と共に毎朝、ヨーグルトに牛乳少々を加えてティースプーン 1 杯のゼラチンを加えて食べ始めた。この時 1 月。振り 返ると成果を期待することもなく日々過ごして来た が、二人で飲んでいる 500g 入り袋が 2 袋目の残り少な くなって来た 8 月にはクローゼットの整理をしたり、 気力が湧いて来たことも事実。そして 9 月初旬、電車 に乗る際、周りの人たちと一緒に階段を駆け下りてし まった。到底信じられないことだった。 かなり前の話しだが、東京多摩動物園のアフリカ象 が、関節痛で歩行困難になった。象の餌にゼラチンを 混ぜて与えたところ元気に歩くようになったとニュー スにもなった。
 ゼラチンはタンパク質なので、腎臓の弱い方に はお勧め出来ませんが、 腰痛、関節痛でお困りの 方、お試ししてみませんか?
                       
   
                            山梨県大月市 (H,S)

 



 
英国から年越し E メール

英国はロンドンのジュディから、E メールが届いた。彼女とは 2000 年 6 月
10 日(時の記念日で三石神社にて飛鳥時代の水時計のお披露目があり、それ に参加しての帰路、源兵衛川で出逢っ た。旅行者のジュディは、息子のマイ ケルと富士山を見たいと、東京で聞い た情報により三島を訪れたところだっ た。三島の滞在時間は僅か 40 分間。富士山は見えなか ったが、富士山からの湧水が流れていると源兵衛川を 案内した。以来、文通を続け(最近はEメール)、その 後、私共が夫婦で英国訪問の折、ロンドンの美術館に ジュディと娘のサロメが会いに来てくれた。
  こんばんは。今夜は、間もなく 2023 年の新年をお迎 えのことと思います。もう「新年おめでとうございま す」と言ったほうがいいのかもしれませんね。
 今年・2022 年は郵便関係のストライキがあって、ク リスマスカードをお送りしませんでした。郵便物が配 達されないんです。最近、英国ではストライキが多い のです。ストライキなんて言葉、知っていますか?誰 も仕事をしないってことです。全く、この国はめちゃ くちゃです。日本が何事もうまくいっていることを願
っています。
息子のマイケル夫婦は、休暇をベトナムで 過ごし、4 月まで、東南 アジア中を旅するよう です。娘のサロメは、 今はアブダビに戻って います。スペインにい ましたが、3 か月後に は一旦戻らなければな りません。ヨーロッパ のルールですが、皆、 “Brexit!”と呼んで おり、大きな間違いだ ったと思います。
ご健康とご多幸をお祈りします。 ジュディより
※Brexit は、英国 Britain と、離脱 exit の造語で、英 国の EU(欧州連合)離脱のことのようです。



← 昨昨夏添付さされてきた ロンドンの 自宅の庭で くつろぐ ジュディの 写真

           


← 現在、ベトナム旅行中のマイク とのソフィ












                         三島市 (Y,K)



2022年12月



 マジックショーで年忘れ
GIA年忘れパーティー2022
 




2022年11月



 回想法は如何!

 回想法とは、懐かしい写真や音楽、昔使っていた家庭用品などを見たり、触れたりしながら、昔の経験や思い出を語り合う一種の心理療法です。
 1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱し、認知症の方へのアプロ―チとして注目されています。
 思い出は、高齢の方が今まで歩んできた人生そのものであり、昔を懐かしんで話をされている時は、自然と穏やかな表情になっていることが多いと言われています。
 昔の思い出に親しむことはごく自然なことであり、回想法は今の自分を認め、人生を豊かにするための手段のひとつではないでしょうか。
 過去を思い出し言葉にしたり、相手の話を聞いて刺激を受けたりすることで脳が活性化し、活動性・自発性・集中力の向上や自発語の増加が促され、認知症の進行の予防となり、またうつ症状の改善・予防にもなるようです。
 さて、このことを気軽に体験できる場所が三島にあることをご存知ですか?
それは楽寿園内にある郷土資料館(無料)です。
 郷土資料館を訪れたことがある方も初めての方も、2Fの資料室には昔懐かしい物や道具や資料が沢山ありますので、お友達と一緒に回想法を意識した気分で、思い出を語り合う時間を持ってみることは如何でしょうか。
                                  三島市 (H.S) 
 


フリマ販売用品の在庫

 今年の11月3日は、4年ぶりに「大通り商店街まつり」を開催するという連絡が事務局にありました。この連絡を受け、2018年までずっと続けてきたフリマを実施するかを事務局で検討した結果、品物集めや運搬、売り場の設営などが大変になってきたので、この機に止めようという意見が多かったため、参加しないことにしました。事務局や会員の高齢化が大きな理由です。
 11月11日に事務局の3人で、在庫となっている段ボールの中の品を取り出してみました。写真のものがその一部で、まだ他にも数点あります。
 これらの品物を、どのように整理したらよいかを考え、一人から幼稚園関係者に知りあいが居るので、その方に聞いてみたらどうかということで、さっそく電話をしてみました。 三島のキリスト教会の関係者で、話では11月に幼稚園でバサーをやることになっているという返事でしたが、いろいろ話していくうちに、バザーで販売する品物は全て新品でないと扱えないということがわかりました。フリマとバザーとでは意味合いが少し違うのかも知れません。
 そのようなことで、会員のみなさんからお預かりしたフリマ用の品物が、販売できず、さらにこれからも物置で眠ることになってしまいそうです。
 バザーの品物は、新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、新品でないと出品できない時世になってしまったようで残念なことですが、これも仕方ないことでしょう。
 会員のみなさまの中で、もし、一度使ったものでも良いからフリマをやる予定のある方は事務局まで連絡をしてください。
                                 事務局 西川 勝美 




2022年10月



たのしめたかな 紙芝居劇場
9月 26(月)10:45~11:45
担当:杉山美智子、小松幸子
 ?戦後、近くに、1 週間に 1 度、紙芝居屋が来ました。何もない時代で、見に
出かけて行くのがとても楽しみでした。そんな時代のことを思い出しました。
今、皆、1 枚 1 枚紙を繰りながら、上手に声を出して、その人物になって発
声し、お話をとても楽しそうに表現していました。忘れていたお話を思い出
し、楽しいひとときでした。(MICHIKO S)

?皆様のご協力で、時間内に実施でき、ほっとしました。(YUKIKO K)
 ? 日本昔ばなしの紙芝居を見て、私たちが子供の頃、親が布団の中 で話してくれ た昔ば なしを思い出しました。
母の語り口は上手で、楽しみにしていたのを懐か しく思 い出しました。
(MIMAKO O)

?いろいろな紙芝居が見られて、子供心に戻り、楽しい時間が過ごせました。
(IKUKO M)
 

?今回『タンポポ』の紙芝居があった。物語の紙芝居 とちがって、図鑑的なものも良いなと思った。
今日は、6 種類の紙芝居を楽しむことができた。
(KATSUMI N)
 
 

?昔、何度も聞いていた話なのに、やっぱり忘れていました。子供が絵を見ながら聞いてワクワクする様子を体験しました。
皆さん、上手に読んでくれて、楽しいひとときでした。
(MIEKO S)
 

童心に帰って楽しみました。
『さるとわに』の知恵比べ、面白かっ たです。やっ ぱりさ るは、どこの国でも悪賢いものとして扱われるんですね。
『タンポポ』も、物語とは、また違う面白みがありました。
(MICHIKO M)
 

?今日は、とってもいい 時間をいただきました。 紙芝居は久しぶりです。 とっても、とっても素敵な時間をありがとうご ざいました。こんな時間 を持てたことに感謝いた します。
(SETSUKO H)
 

?初めて参加しました。一休さんを聞いて思い 出しました。知っている物語でも、忘れて老いる 部分があり、新鮮な気持ちで聞き入りました。童 心に返りました。しかし、読み伝えることは、むずかしいと知りました。
(SHOKO M)
 

??『タンポポ』を読みました。いろいろタンポポの出来具合やら出てきました。もっと、絵をゆっくり見たいと思いました。
(HARUYO S)




2022年9月



『うみとそらのおうち』

 10 年の月日が流れてしまいま した。
 お正月に孫たちはお年玉をもら い、カードを広げて楽しいひと時を過ごし、皆そろって歴史ある韮山の反射炉を訪ねて、元気よく意 気揚々と帰っていきました。
 数日後、息子から電話がありま した。皆元気でよかったね。と、言葉をかわすと、 しどろもどろに、航平が「小児がん」と診断された という。あんなに元気に走り回っていたではありま せんか?それからの数週間、精密検査で入院。
 病名は『脳腫瘍、(小児脳幹部グリオーマ)』と医 師から告げられました。入退院を繰り返している間、 私は横浜を行ったり来たり、航平と病室でゲームを したり、入園をしたばかりの幼稚園の話を聞いてあ げたり、絵本を読んだり・歌ったり・・・、
 はじめのうちは痛みもなかったのでしょうか、マ マがいなくてもニコニコとして遊んでいましたが、 だんだんと歩行が困難になり、病院通いが続き、9 か月ほど経った 10 月 4 日の朝、パパとママとお兄 ちゃんに見守られ 永遠の旅に立ったのでした。
 ママは賢く愛らしいわが子を失ってからすっかり 気を落として、何も手につかない日々が 3 年ほど続 いたでしょうか?その後、同じ様に「小児がん」で なくした家族とも知り合いになり行き来をするよう になりました。荻窪の画廊を借りて、子どもたちが 生前描いた絵、創作した様々な作品を展示したり、 交流の輪が広がって行きました。すると参加したマ マたちに笑顔が見られるようになりました。 『病気になっても家族といっしょに出かけたい、 誰かとおしゃべりして笑いたい』
 そんな個人の願い! 個人の活動の出発が一般市民の心を、病をかかえた人々の心をも動かし、遂 に横浜市金沢区に『横浜こどもホスピス~うみとそ らのおうち』を立ち上げることがで きました。
 ささやかな人々の願いで始まった『うみとそらのお うち』が永遠に続 きますよう、心から願っています。
         三島市 (M.S)
 


 
十三夜(後の月)

 お彼岸を過ぎて 10 月を迎 えると、それまで続いていた猛 暑がやわらぎ、空気も澄んでき て月が高い位置にはっきりと見 えるようになってきます。そうした月を鑑賞する習慣として、 十五夜(芋名月)や十三夜(栗名月)がありま す。
 今年の十三夜は 10 月 8 日で、旧暦の 9 月13 日にあたります。「後の月(のちのつき)」 ともよばれ、十五夜に月見をした人は、十三 夜もしないと「片月見」といって、嫌ったそう です。

 月の出は、十五夜は日の入り時刻とほぼいっしょで、十三夜は日の入り時刻より 1時間 40 分くらい早く出ます。ちなみに、月の出は平均して毎日 50 分くらいずつ遅くなります。

      三島市 (K.N)




2022年8月



8月の「りんくLINKリンク」は、別ページ「GIAメール9月号」の
「グローバルサロンに参加された方々の感想」として掲載しました




2022年7月



「朝日新聞」に掲載されて


深山幸子さんの投 稿が「朝日新聞」に 掲載され、英語版に も翻訳されたそうで す。詳細は深山さん にお尋ねください。



 
                              三島市 (S.M)

 
 
急ぎ足で箱根!

 あなたはゆったり旅するのがお 好きですか。私はそんな旅にあこ がれながら、いつもせかせか急ぎ 旅。海外旅行でもできるだけたく さんの名所旧跡を回るコースを選 んでいました。次に来るときは滞 在型をと思いつつ。
  通訳案内士試験の勉強を兼ねて 日本各地に行った時も、如何に効率よくたくさん回 れるかと考えてプランを立て、電車、タクシーを乗 り継ぎ、あちこち巡りました。今の時代は事前にな んでも調べられますから。その旅の計画がまた楽し かったのです。予定通り回れた時の達成感もありま した。
 コロナ禍で旅もままならない 2 年半でしたが、そ ろそろ解禁かなと、6 月には箱根に行きました。急 ぎ旅復活、ミニですが。
 週末は混みそうと、平日、仕事の都合をつけて、 木曜日午前に決行。甘酒茶屋、ポーラ美術館、ニコ ライバーグマン箱根ガーデン、岡田美術館と回りま した。孫の保育園お迎えの午後 3 時までには三島 着!となんとも忙しい。
 

 ポーラ以外はすべて初めて。江戸時代から続く甘 酒茶屋は重厚な茅葺屋根、甘酒はもちろんお餅もお いしかったです。木立の中のポーラ美術館は印象派 の絵画が似合うしゃれたたたずまい。ボックスフラ ワーで有名なニコライバーグマンが箱根に初めて手 掛けたガーデンは完全予約制。箱根の自然を生かし た熊笹の茂みにアジサイの鉢植えを並べ、モダンな ガラス張りの建物を配しています。日本庭園とも西 洋庭園とも違うコンセプトですが、再訪はないかな。
(個人の感想です)
 岡田美術館はこれでもかっていうほどの日本美 術、東洋美術品を並べています。ゆっくり見たらい くらでも時間は必要。旧旅館を買い取って、この美 術館を建てたといいます。美術館付きの旧旅館の建 物を生かした和食亭があり、日本庭園も美しいです。
 と、なんとも忙しい早朝から午後の箱根探訪でした。

                            三島市  (Y.S) 




2022年6月



GIA 令和4(2022)年度はこのメンバーでスター
会長  副会長   会計 監査    敬称略 )  
西川 勝美  時枝しのぶ  水島 路子  下山三枝子   青木 峯子  魚谷 淑子  乙部美麻子
三島地区   長泉
函南地区
※連絡員兼務
 三島地区 伊豆の国
熱海地区
 
※連絡員
兼務
 沼津地区 長泉
三島地区
 
長泉
清水地区
 
※連絡員兼務
宇津野シゲ子
鈴木 きみ代
小嶋 栄美子
原 裕子
佐藤 総一郎
 
渡辺 修一
真野 正子
 
秋山 可年子
難波 啓介
志村 肇
白井 由美子
庄司 峯子 
川中 ツタ子
斎藤 彩子
白鳥 永子
尾沢 淑子
荒川 悦子
西尾 啓江
松村 和子
中島 八郎
 
伊藤美佐子
窪田 千晶
小野 宏美
後藤 栄子
勝亦 武子
飯田 員子
渡辺 敏彦
高橋 脩

※連絡員兼務
 
小松 幸子  佐藤 照子   杉山 美智子 福井 善徳  水野 幾子  山口 克子   
三島
清水地区 
 三島地区  三島地区 三島地区  三島地区  裾野
三島地区
 
 
山本 智子
武井 功
吉澤 政雄
吉澤 成子
秋元 清美
小松 幸子
小林 博子
山本 百合子 
秋田 弘美
楠神 洋子
橋本 せつ子
栗原 泰子
深山 幸子
斉藤 知子
坪谷 早苗
室伏 勝宏
渡辺 房枝
梅原 恭子
平佐 七重
木村 紘子
殿山 洋子
佐藤 孝子
岡本 美保子
西名 和子
 太字は連絡員







2022年5月



ペルー・ボリビア 12 日間

 2018 年 9 月に ペルー出身の K先生のガイドで スペイン語クラスの仲間と 12 日間にわたり、ペルーほぼ全域とボリビアを旅行した。私が 一番行きたかったのはボリビアのウユニ塩湖。ナスカ パジェスタ島を訪れた後、クスコより飛び、ボリビアの 首都ラパスのエルアルト空港に降りたったが、一歩踏み出した途端 なんと私は失神。高山病だ。 標高 4000m 超えの世界一高所にある首都空港だったのだ。
 富 士 山 よ り 高 い 。 幸 い 空 港 でハンサムなドクターの治療 を受け、すぐ回復した。ウユ ニ塩湖は今でも思い出すと興 奮 す る 。 新 潟 県 ぐ ら い の 大 き さ の 真 っ 白 な 塩 湖 面 と空の青さのみの世界。その真ん中 でテーブルセッティングして、ラン チをいただいた。訪れたのは乾期だったが、ちょうど雨が降った地域 があると言うので連れて行ってもら った。白い塩の上に 薄く水がたまって 全面鏡状態。 乾季と雨季の 両方を楽しめたのはラッキーだった。ウユニではしゃぎすぎた のか、メンバーの 1 人が 高山病の上に 風邪をこじらせてク スコで緊急入院し、結局ドクターヘリならぬ ドクター飛行機 で少し低地のリマまで緊急搬送されることに。K 先生が彼に 付き添うことになって、残る 3 名で 3 日間プラン通りタクシー鉄道 バスを乗り継ぎ マチュピチュ マラス塩田等を見て回った。道に迷ったり色々あっ たが、なんとかなるものだ。 マチュピチュは 大自然の中 にそのまま在る。その一角に 座って周囲の幽玄な山々を 眺めていると 500 年ほど前 の人々も同じ景色を見てい たのではないか あのインカの 道 を通 っ て どこ へ 行っ た のだろうかと想像が膨らむ。 こ れ がマ チュ ピ チ ュの 魅 力のように思う。インカ文明の古都クスコ 数々の文明の跡 チ チカカ湖に住む人々とペルーの魅力は尽きない。
                                
                 長泉町  (M.I )


 
めざすは冬季イタリア五輪

 今年2月に行われた北京の冬季オ リンピックでハーフパイプの平野歩夢 選手が空を舞ってつかんだ金メダル は印象的だった。私の身内にも同じス ポーツで 4 年後のイタリア大会を目指 す 12 歳の少女がいる。清水さら、以 前 に こ の欄 に 宝 塚大劇場の 緞帳のデザインを手掛けた姪の 話をしたが、その長女である。 ス ノーボードを始めたのは 4 歳の 時、年末年始はいつも長野のスキー場で家族と過ごしていた。何回転んでもやる気負けん気 が強く 6 歳からコーチの指導を受けハ ーフパイプを始めた。小1のころから大会に出場、4 年生で西日本地区大会(全国大会はコロナで無し)のユース女 子部門(14 歳以下)で優勝、昨年開催された全日本選手権大会オープン女 子(年齢制限なし)では 5 年生で史上 最年少優勝し、将来が期待される若手8 人に選ばれた。プロライセンスも取得しプロ戦初勝利もした。今 年 2 月には居住する滋賀県の知 事から表彰を受けた。3 月にはジ ャパンカップ優勝、その後オース トリアで行われたトップスノーボー ダーを目指す 18 歳以下の選手 たちの世界 大会 、ワー ルドルー キーツアーに派遣され、なんとそこでも出場選手の中でトップ得点で優勝してしまった。ワール ドカップに出られる点数だが 12 歳という年齢のためかなわず、 来年の大会には選手として招待されると表彰式で告げられた。 彼女は明るく活発な少女だ。夏でも練習できる山梨の施設によく来るので祖母である私の妹に連れら れ三島にもうちの孫たちと遊ぶために来 る。この夏には久しぶりに妹の 2 人の子 供の家族と私の 2 人の子供の家族で大集合する計画がある。その時にはきっと、4 年後のイタリアの冬季五輪の応援団を 結成しようと話が盛り上がりそうだ。彼女には、ぜひ怪我をせ ずに努力を続け代表選手に選ばれてほしいと親戚一同願っ ている。皆さんも清水さらの応援よろしくお願いします。彼女 の活躍がみられるインスタもフローしてください。
                 @osaradon @lisarayura 三島市  (T.U)




2022年4月



会員@Network

 岡崎城・蒲郡研修バスツアーの感想(順不同)


 ようやく研修旅行が実施できてとても良かったで す。日程も無理ない状態で高齢者にとってもまあまあ 参加できて、ホッとしました。岡崎、蒲郡、思い出の 旅となりました。ありがとうございました。役員の皆 様ご苦労様でした。T.M


 車窓から見える桜の花がとても可愛らし く美しかったです。竹島は昔行った江ノ島 を思い出させ懐かしかった。島を一周でき たのは良かったと思います。 I.M


 楽しい研修バスツアーをありがとう ご ざ いま した 。 桜の 岡崎 城、 蒲郡 竹島、どちらも皆さんと歩いた道中は楽 しい時間となりました。
 福井さんの心のこもった小皿、普段使いのマイ皿として大切に使わせて頂きます。福井さんの人を思いやる優し い 気 持ち がこ も った 素敵 なお 皿で す ね。ありがとうございます。 R.N  


 何回もコロナ禍により、のびのびに なっていた GIA のバス旅行は車窓に桜 の花が次々に見られる春の1日、家康 が生まれた岡崎城見学。蒲郡クラシッ クホテルでの食事。目の前の竹島によ り、八百富神社に参拝。変化に富んだ 旅行を楽しむことが出来ました。幹事 様ありがとう!  H.S


 心配した雨にもあわず楽しい岡崎の旅ができて良かっ たです。久々にフランス料理をいただき、幸せな気分で竹島に渡り散策。竹島に鎮座する八人?の神様にも参 拝。こんなところで藤原俊成(和歌の選者)にもお目にか かり嬉しい限りでした。2 年ぶりでしょうか、バス旅行 は?朝が早かったので前日から緊張しました。会員の皆 様とともに道中花見も楽しめました。お世話になりまし た。ありがとうございました。


 花曇り、満開の桜の並木の岡崎城まで家康に会いに行ってきました。僕を除いて大多数の方の「おこない」が素晴らしく、雨は降っ たが濡れるほどでなく良い旅が出来ました。
 出発時、まだ自宅で居眠りをしていたら、西川会長に電話で教えて頂き、途中乗車というトラブルを起こしたにもかかわらず。メンバーの方々の温かく、優しい心にふれ、大変貴重な思い出として残りました。深くお詫び申し上げるとともにこれからもよろしくお付 き合いして頂きたくお願い致します。 I.T


 桜咲く春の中をのびのびになったバス旅。 天気もちょうどよいかげんの中、岡崎城の天 守閣からの眺めも、蒲郡竹島の島めぐりもほ どほど心地よく楽しめた。久しぶりの会員と の交わりもできナイスデイを過ごせた。 T.S


 桜が満開の中、久しぶりの遠出を十分に楽しむことができました。ゆったりと見学
できる日程だったのが程よく、会話もはず み素晴らしい春の1日でした。役員の皆様、 本当にありがとうございました。 H


 天候はいまいちの朝を迎え、雨が降らないことを祈りながら集合場所の三島駅へ着くと、福井さんより手作りの三島 茶碗を頂きました。繊細な柄の一品を頂いて、朝から嬉しい1日が始まりました。福井さん、どうもありがとうござ います。大切に使わせて頂きます。蒲郡に向かう道中、桜が満開で車窓より春をいっぱい感じました。蒲郡クラシッ クホテルは国の天然記念物指定の場所で格式ある雰囲気の中でランチを頂き、幸せを感じました。コロナ禍ではあり ましたが1日楽しく過ごすことができました。役員の皆様、運転手さん、ガイドさんありがとうございました。S.K


 久しぶりのバス旅行はとても楽し かったです。特に海岸の散策は気分 を晴れ晴れとさせてくれました。美 味しいランチも大満足でした。充実した1日を過ごすことができまし た。ありがとうございました。M.M


 岡崎城、竹島ともに初めてでし た。楽しかったです。ご準備ありが とうございました。なかなか一人 では行けませんのでこのような 機会は貴重です。Y.S


 クラシックホテルの落ち着いたダイニングルームでの美味しいランチ。テラスから見える緑の竹島はこんもりと海に浮かび、対岸からつづく橋へと誘う。とてもステキなひとときを過ごせました。 T.U


 久しぶりのバスツアーありがと うございました。素敵なクラシックホテルでの美味しい食事堪能しま した。岡崎城の桜もきれいでした。 ありがとうございました。M.T


 美しい桜を十二分に堪能しまし た。「博学のガイドさん」のおかげで 私も少し利口になり感謝致します。 クラシックホテルはとても雰囲気 が素晴らしく感激しました。T.K


 桜咲く春の中をのびのびになった バス旅。天気もちょうどよいかげんの 中、岡崎城の天守閣からの眺め、蒲郡 竹島の島めぐり、ほどほどに心地よく 楽しめた。久しぶりの会員の交わりも できナイスデイを過ごせた。T.S


 バス旅行は楽しく行って参りまし た。福井氏より頂いた皿を大切に使 用させて頂きます。ありがとうござ いました。
 集合時間は守って下さい。各参加 された方々お願いします。無記名


 お皿は素晴らしい。家康館で「関ヶ原の戦い」が非常に 分かりやすかった。昼食 2 時間は長すぎましたね。ウェイターさんのサービスは一流ではありませんでした。 食事は美味でした。量も適当でした。竹島はこんなものでしょ う。幹事の方々お疲れさまでした。 K.S


 楽しい1日を過ごすことができました。岡崎城では家康館 でゆっくりしていたら随分時間が経ってしまい、あわてて天 守閣へ。でも、お蔭さまで関ヶ原の合戦の様子がよくわかりま した。竹島はこのような機会がなければ行くことがない所な ので良かったです。俊成ゆかりの地だと初めて知りました。
 久しぶりに GIA のメンバーと会えて懐かしく、嬉しく参加 して良かった!英会話にも通えず、皆さんと会う機会がなくて申し訳なく失礼しています。是非またこのような企画をお願いします。
 福井さんからのお皿、ありがとうございました。 T.S


 コロナ禍の時期、バスツアー参加に悩みましたが思いきって参加して良 かったです。初めて訪れた岡崎城、蒲 郡、クラシックホテルでのランチ、桜 満開の中より楽しい旅になりました。
 福井様作品のお皿も頂戴しありがとうございます。大切に使わせていただきます。 N.S


 天気は今一つでしたが桜は何処へ行っても満開でとても素敵でし た。ガイドさんもよく説明して下さ りとても楽しい1日でした。ありが とうございました。S.H


 三島茶碗 ありがとう ございます。
とにかく楽 しい1日で した。皆さんと行けて本 当に良かっ た。 Y子


 右も左も桜が満開でとても素晴らしい1日でした。久しぶりのフレン チ料理も美味しかったです。久しぶ りに皆さんとお会いして話しに花 が咲き楽しかったです。S.M

 楽しい1日をありがとうございま した。空は雲っておりましたが久しぶりの旅行で心は晴れ晴れと致しまし た。役員の方々のご苦労と気遣いに感 謝致します。T.T


岡崎、蒲郡旅行、本当に楽しくよろしかったね。久しぶりの外出で、今朝4時起床。三島駅で入場券を購入する時、画面の説明に「ここを押して下さ い。」とあったので「押しても券は出ません。」と言ったら、ここでなく自動 販売機で買えます。と、笑話ですね。本人は真面目です。
 福井先生のお皿ありがとうございました。何を一番にのせようかな? 先日はガーデニングで湯呑みをいただきました、それは。、甘酒を入れて頂き ます。福井先生これからもよろしくね。
 八百富神社一周できて良かったです。皆さま本当にお世話になりました。無記名




2022年3月



老い? おい!オイ!!

 最近はコロナのお陰で何とな く遠出がしにくい。まあ、足がな いので、コロナ禍前とあまり状況 は変わらないのだが。
 行動範囲は徒歩 15~20 分くら い。往復 30~40 分。午前午後と 歩いてもあっという間に終わっ てしまう。母がロングのショートに行ってから自分の時間ばかり!家事があまり得意 でない私は掃除やら洗濯やらしても時間が余る~~!(いや、 余らせている というべきか)
  そこで最近はまっているのがYouTube。あちこち飛んではいろいろな音楽を拾っている。
 子供のころそれとなく聞いた曲もちゃんと聞いて みると、「好き」がたくさん増えてきて、PCにため 込んではCDに落として聞いている。
   
 
 古い歌になると昔歌詞を全部覚えていたはずのも のもところどころ忘れていたり、新しいものは歌詞が なかなか覚えられない。特に覚える必要はないのだ が、「空」で歌えたら楽しいし、単なる自己満足でも 少しはエンドルフィンが出るかと思っている。
 そこで一生懸命覚えようと思うのだが、これがなか なか!今覚えたと思っても、次の時には「はて?…… え・・っと 」一拍置かないと出てこない。昔の短い歌 など最後まで覚えていたら、心の中で小さくガッツポ ーズ!時々それを復唱しながらまた次のに挑戦。少し は老い?への抗いになればいいなと思いつつ今日も 悪戦苦闘。
          

三島市 (H.A)
 


花に囲まれ かみだのみ

 としかさね はじめてめにし うらないの はっぽうふさがり かみだのみ
 今年も正月の後半に初詣に行 き、いつも気にしたことのない神 門横の、看板に厄除けの年度など が詳しく記載されていました。
 しげじげとよく見ると、な・何 と八方塞がりと記載されている。三嶋大社はお客様を ガイドの案内で良くお参りにお連れしているので、こ こは一つお世話になるか、と。受付に行き厄払いのお 願いを申し込むことにした。○○○円以上と記載され ている。地獄も沙汰も金次第・気分の沙汰も金で済む ならと思い、白装束?法被?袢纏?・着せられて新し く模様替えした舞殿に向かい、神官の神妙なるありが たい祝詞をあげていただき、お祓いを受けて、三嶋大 社より下賜されたお供物を頂き、自宅にて早速我が家 の小さな神棚へ献上し手を合わせる。今更良い年を求 めない、普通な毎日であることを祈る。
 
伊豆一宮・三嶋大社        紅梅
 
紅白梅            厄払いをした舞殿
 
左前方は厳島神社            早咲き桜の「伊古奈姫」      

皆様方にとっても平々凡々の年でありますよう、ご 祈念申し上げます。お粗末でした。

三島市  (I.T)







2022年2月



オーストラリアの娘

 33年前に私の家族は裾野市オーストラリアの姉妹都市のフランクストン市(メルボルン近く)との交換留学生として来裾したJOANNEのホストファミリーになった。
 聡明で美人で性格が良い彼女は、当時高校生だった我が家の娘とすぐに実の姉妹のように仲良しになり、100日程ホームステイをした。それから今迄私の家族は、彼女のご両親共に親戚のような付き合いが続いている。
 彼女は高校を卒業して大学へ入学する前の1年間を日本の高校で勉強し、日本語の勉強は勿論、空手、華道等を熱心に学んだ。帰国後はお互いの誕生日とクリスマスにはカードとプレゼントの交換が続いている。私の娘もJOANNEのご両親の家にお世話になりオーストラリア留学が出来た。
 現在彼女は弁護士になり、夫婦で弁護士として大活躍をしていて2年に1度
くらいは家族で又は夫婦で来日して日本観光をし、我が家に5日位の泊りで会いに来てくれる。私達もオーストラリアへ何度か行き、会うのを楽しみにしていたが最近はコロナの影響で会うことが出来ず大変残念な思いをしている。
 彼女の高校生と中学生の息子達は学校で日本語を選択していて日本語で書いたクリスマスカードを送ってくれたりもする。そのうちに母親と同じように日本へ留学に来るかもしれない。自由に外国へ行かれる日が早く来ることを願う日々である。            裾野市 (K.Y) 
JOANNEの家族と私たち家族(オーストラリアにて) ?JOANNE夫妻と私共夫妻(日本にて)
 


年齢を重ねたペンパル

 オーストラリアのシンシアとは10代からの交流が60年の余に及ぶ。子育て中だった彼女(夫はジョン)が4人の子供の写真を送ってくれて我が家に飾ってある。息子はクレイグとジェイソン、娘はレイチェルとジャイドゥ。
 GIAでNZ&オーストラリア海外研修に行った時、シンシアは、学校を休ませ2人の娘を連れて、アデレードまで車で来てくれた。
 その後、私や子供は何度か彼女宅へホームステイさせていただいている。温かくて素朴でいい家族だ。
 下は、昨夏、私への誕生日お祝いメールに添付してくれた家族写真だ。
 4人の子供は結婚してジョンとシンシアの孫は、何と17人になった。
 昔は文通なので、シンシアの丸っこい英語文字の便りが届いたが、近年はメールになった。
 少し前まで、孫の女の子2人が日本に興味を持っていると語っていたが、直近のメールでは、孫の男の子が2人も日本語を専攻することになったそうだ。
 先日は、レイチェルとジャイドゥが、新型コロナウイルス感染症になったけど、直ったとのこと。シンシアは、果たして念願の来日ができるだろうか。コロナ禍で延期されているが。

                         三島市 (Y.K)
 




2022年1月



振りかえれば・・・

  手元に期限切れのジパングの手帳10冊と6枚の学生証がある。いずれも身分証明書として若かりし頃の写真が貼ってある。学生証は放送大学のものである。十数年前三島駅前にある放送大学に通い始めた。学生気分を楽しみ、単位数
が増えていく喜びも味わい、興味を引かれた科目を片端から受講し、試験前は徹夜も覚悟した。結果、大学2年間分相当の単位を取得していた。フロイトやユングの世界にも出会えたが、突然の通学開始は当時全く関係のなかった司法の世界に飛び込んでしまったからだ。相談者の人生の一端を担う仕事内容が、躊躇なく心理学を学ぼうと思い立たせた。履修した科目の中には民法や家族法も含まれるが、主に心理学関連科目を選択した。幼児、青年の発達心理、老齢期に至るまざまな理論。大学院の認知や逸脱行動等の学科も興味深かった。しかし仕事等で時間確保も難しくなり通学を諦めた。また同時期、夜間の三島カウンセリング協会の講座を知り参加し上級クラスにも挑戦してお世話になった。そして東日本災害時からクローズアップされた【傾聴】を学び、そのボランテイア活動の継続は仕事現場で役に立つており、長年のグローバルの活動やメンバーとの交流も多くを学べる貴重な機会を頂いてきた。任命から23年の間、地元支部はもとより静岡本庁、関東ブロック各県、全国大会の研修など可能な限り積極的に参加し(ついでに観光も楽しんだ)多くを経験した。
 昨年70歳の節目を迎えた。ハーグ条約、家事審判法等、法改正が次々とされる中、相談者への対応の仕方など考慮しながらの現場は非常に気を遣うことも多い。インターネットの普及そしてコミュニケーションが難しくなっている時代に、現場もテレビや電話での対応が増え間接的な対話を余儀なくされてきている。社会の多様性が求められる中、学びの間口はひろがり続けていると感じている。今回の叙勲発表後に23年前採用面接官だった元裁判官からのお祝いの便りは嬉しかった。周りの皆さまからもお祝いの言葉を沢山頂いた。来し方を振り返りながら、見守ってくださった皆さまに心より感謝申し上げたい。今少し仕事は続きそうである。

                         長泉町 (S.T)
 


大黒様が現れる

  私の家から見える香貫山の頂上で、初日の出と共に太鼓の初打ちが恒例だった頃の話です。
 大黒様が現れる!!祖母の丸帯を大黒様の服に仕立てて、大風呂敷を袋に縫い、お腹にはさっき着ていた上着を入れました。こんないでたちをして、仕上げに大黒様のお面を付け、帽子をかぶりました。
 日の出を待ちながら「この袋の中に今年の決意とか抱負などを誓って叫んでください。
 この大黒が責任を持って預かります。そして1年間一生懸命頑張り、努力もしてください。その成果を来年の初打ちに来た皆様に話しましょう」と伝えました。
 ことのさわりを察した人が一番に見本を見せてくれました。袋の口を開いて「今年は良い年になりますように」と言うと、次に「今年は野球でレギュラーになるぞー」など、我も我もと列を作り並びました。「数学が苦手なので、一度は満点を取ってみたいです」「100円貯金で、10000円貯めるぞー」「第一志望校合格!」「英語検定上級を取りたい」等等。
 そうこうしていると初日の出です。東の空がグラデーションです。近くの雲も下から色づいています。太鼓のリズムが次第に強く激しくなります。
 新たな気持ちになり、秘かに願いを念じる人、拝む人、歓声を上げ拍手しています。
ひとしきり納まると一人一人が大太鼓に心を込めて一発打ちます。それぞれの人が、それぞれのことを思い、夢を抱きながら袋に叫んだことなどを話題にして下山したことでしょう。
 今年ならば「コロナよ、いい加減に消えろ!」の言葉もあったかも知れません。

             沼津市 (M.A)

グローバル文化交流協会(GIA)

会員の活動

会員の活動

会員の活動

会員の活動